Jennifer Phillips~ジェニファ・フィリップス



「ソウルを実感!」自由な魂があふれだす ジェニファ・フィリップス

Praise You


49歳で登場のジェニファ・フィリップス。見た目も迫力あります。
メアリー・メアリー(Mary Mary)のShackles Praise You
オリジナルは軽快なソウルポップで、これはこれで良いですけど、
歌に自由な魂が乗っているように思います。

Without You

Without You、懐かしいナンバーです。
ニルソン(Nilsson)が1971年にリリースしたもので、私もこの曲を知ってレコード屋に走りました。
オリジナルはBadfingerという、ビートルズの弟分として少し話題になったグループが1970年にリリースしたものです。
180以上のアーティストがカバーしていると言いますからたいへんなもんです。
タイトルにマライアキャリーヒットと書いてますが、マライアキャリーもカバーしていますね。

すごく良いのですが、惜しむらくは声を聞いたとたんに「ジェニファーだ」とわかるような特徴のないことでしょうか。

Up To The Mountain

パティー・グリフィン(Patty Griffin)が2007年にリリースしたUp To The Mountain
スーザンボイルなどもカバーしています

静かなゴスペル調の曲で、後半盛り上げてくれます。

Drag Me Down

ワン・ダイレクション(One Direction)のDrag Me Down
聴き比べると全く別の曲のように聞こえます。
悪くはないですが、こっち方面ではないように思います。。

ここでライブショーに進めず敗退となります。

その後のジェニファ・フィリップス Jennifer Phillips

ベスト6まで残ったようで、落選させたサイモンコーウェルにはかなりの抗議があったようです。
その後に関してはいろいろ探ってみましたが、
サイトは繋がらず、ツイッターもFaacebookも2015年11月以降に書き込みはないようです。

しかしまぁ、彼女が歌うのをやめてしまうことはないでしょう。
どこかのステージ、家、教会、酒場、どこかのストリートでいつも歌っているように思います。

サンフランシスコPowell Streetにて(2008年)


オーディションの8年ほど前、サンフランシスコPowell Street前で、ストリートミュージシャンの中に飛び入りして歌っている映像です。痩せてます。

This entry was posted in Good, The X Factor UK. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*