Iesher Haughton(イッシャー・ホートン)



細くかわいくでも基本しっかりパワフルさも。イッシャー・ホートン(Iesher Haughton)

Blind auditions Who’s Lovin’ You

イッシャー・ホートンはロンドンの学生で当時19歳。
学校ではいじめられっ子でしたが、このThe Voice UK (series3 2014)オーディションをきっかけに自尊心を高めることができたと後に語っています。

曲はミラクルズ(The Miracles)のWho’s Lovin’ You(1960)
マイケルジャクソン兄弟のThe Jackson 5で爆発的なヒットになりました。

Battle rounds

バトルラウンドはFemi Santiagoとの対戦。
スタイリスティックス(The Stylistics)のStop, Look, Listen(1971)

Knockout rounds

ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)のTry It on My Own(2002)

難しい曲ですがきっちり出てます。

Live shows

ライブショーの1回目。
曲はClean BanditのRather Be(2014)
「いつもバラードを歌っているのでこの曲を選んだ」ということですがここで敗退。低音が弱いですかね。

その後のIesher Haughton

Youtubeチャンネルなどにもアカウントがありますが更新は止まっているようです。

各地のライブや、2015年6月にリリースされたMarieのEP「Thoughts Of A Woman」に参加して活動を続けています。

リンク

イッシャー・ホートン(Iesher Haughton) Facebook
イッシャー・ホートン(Iesher Haughton) Twitter 

This entry was posted in Good, The Voice UK. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*