Darci Lynne Farmer(ダーシー・リン)



12歳の「超絶かわいい」天才腹話術シンガー ダーシー・リン(Darci Lynne Farmer)

Round 1

「America’s Got Talent」Season12(2017)に登場したダーシー・リン(Darci Lynne)。

2004年10月12日生まれ。オクラホマシティに住む12歳のかわいらしい少女。うさぎの人形「ペチュニア」とともにステージに現れます。

喋るだけかと思ったらなんとジャズの名曲 Summertimeを歌いだし会場もジャッジも騒然。これがまたうまい!! 口を動かさずにこれだけ歌えるんですね。

ゴールデンボタンが押され、準々決勝進出が決定します。

ダーシーは小さな頃から歌が大好きでしたが、恥ずかしがり屋で人前では歌えず、ダーシーが10歳になった2014年、両親はエドモンドの芸術学校 ゴット・タレント(Fine Arts Institute of Edmond)に通わせます。

ここで腹話術の教師Gary Owenとボーカルの教師Tiana Plemonsに出逢い、両親に買ってもらった人形で腹話術を始めます。

2016年に「Little Big Shots」(アメリカ・イギリスで放送。世界各地の才能のあるユニークな子供たちを紹介する番組)に出演しています。

Quarterfinals

準々決勝で登場したのはねずみの「オスカー」。
ジャクソン5のwho’s loving you をジャッジのメルB(メラニー・ブラウン)に捧げます。

Semifinals


大きな古いトランクから現れたのは、「エドナ・ドアロッカー」という名前のおばあちゃん。
アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)の「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」を歌いながら、サイモンを抱きしめます。

Finals


ねずみの「オスカー」、うさぎの「ペチュニア」とともに登場したダーシー。

緊張して気を失うオスカーを励ましながらビートルズ(The Beatles)のWith a Little Help from My Friendsを歌います。

「友達のほんの手助けで僕は頑張れる」
オスカーやペチュニアへの感謝をこめた歌のように思います。

僕が音程をはずして歌ってたら君はどう思う?
立ち上がって、僕に注意しにきてくれるかい?

君の耳の力を借りて僕は歌うよ。
キーをはずさないように頑張って歌う。

友達からほんの少しの手助けがあれば、
ほんの少しの手助けでがんばれる。

友達のほんの手助けで僕はやってみるよ。

ダーシー最後のパフォーマンスは、America’s Got Talentシーズン2で優勝したTerry Fatorとの共演。

Terry Fatorは、2008年にラスベガスのミラージュホテルと5億ドルで契約を結んでいるエンターティナーでダーシーのあこがれでもあります。

曲は映画『アニーよ銃をとれ』より「Anything You Can Do」

全てのパフォーマンスが終了し、予想通りダーシーは優勝となりました。
おめでとう!!


リンク

ダーシー・リン(Darci Lynne Farmer) instagram

ダーシー・リン(Darci Lynne Farmer) FaceBook

ダーシー・リン(Darci Lynne Farmer) Twitter

This entry was posted in amazing, America's Got Talent. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*