Laith Al-Saadi(ライス・アルサーディ)



プロのライブかと思ったら本当にプロだった

ブラインドオーディション The Letter

Laith Al-Saadi ライス・アルサーディ

The VoiceのYotubeを自動のおすすめ再生で聞き流していて、おすすめが誰かプロのライブに変わったのかと思ったくらいの上手さとインパクトでした。

1977年生まれの38歳。えっ?38歳?!。アラブ人ですがミシガン州で育っています。

4歳の時にはミシガン・アナーバー少年合唱団の正式メンバーとして歌うなど音楽の才能はこの頃から抜群だったようです。
13歳でギターを習って60年代と70年代のポピュラー音楽を探求、高校時代は地元のブルースバンド「ブルービニール」に参加してオランダなど巡って成功を収めています。

ミシガン大学に進んでジャズギターとベースの学位を受け、卒業後はJohnny TrudellオーケストラやThornetta Davis、Reefermenといったアーティストと共演するなど着実にミュージシャンとしてのキャリアを積んで、、

2005年に最初のソロアルバム「Long Time Coming」をリリース。2008年に「In the Round」発表、2013にはトム・スコット、ジム・ケルトナーなどのユニットとしてライブツアーに参加したと。

The Voiceには結構プロも出ているけど、こりゃ出る必要のないプロミュージシャンでんがなと思いながらも、このタイプの渋い声と極上のギター、久々に根性の入ったブルース・R&Bとくるとやっぱり聞いておきたい。

Episode 9 “Honky Tonk Women”

The Knockouts “In Your eyes” vs Jessica Crosbie

Week 1: Live Playoffs “With a Little Help from My Friends”

Week 2: Top 12 “Born Under a Bad Sign”

Week 3: Top 11 “Make It Rain”

Week 4: Top 10 “The Thrill Is Gone”

Week 5: Top9 “We’ve Got Tonight”

Week 6: Semifinals “One and Only”

Week 7: Finals Solo Song “White Room”

Duet Song (With coach) “Golden Slumbers/Carry That Weight/The End”

最終4位となりましたが、まぁここは若い者にゆずってあげてください。

リンク

Laith Al-Saadi(ライス・アルサーディ)のFacebook

Laith Al-Saadi(ライス・アルサーディ)のTwitter

関連記事

This entry was posted in Good. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*