luke lucas~ルーク・ルーカス



トゥリサをメロメロにした16歳。純情少年の情感あふれるXfactor初オーディション

始まる前からジャッジのTulisa Contostavlos(トゥリサ・コントスタヴロス)にご執心のルーク、「ステージに上がっても、リサに声をかけ「You are Butiful」「I Love Tulisa」でトゥリサからキスのプレゼント。

Who’s Loving You

歌うのはマイケルジャクソンがジャクソンファイブ時代に歌ってヒットした「Who’s Loving You
幼さは残るものの力のある歌声で、トゥリサをメロメロにしていまいます。

4つの「YES」をもらってステージを降りて最初に出た言葉も「トゥリサがキスしてくれた!!」

Houses audition、Boot Canpに進みますが、いずれも良いパフォーマンスを出せずここで落選、

Houses audition


ションテル(Shontelle)のImposhible
緊張からかダメダメですね。

All I Want For Christmas is you


JJaydeとのコラボ。こちらは伸びやかで楽しそうに歌っています。
クリスマスソングの定番 All I Want For Christmas is you 

その後のルーカス

音楽には関わっているようですが、自身でライブ等は行っていない様子です。

リンク

ルーク・ルーカスFaceBook

This entry was posted in Good, The X Factor UK. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*