Rachel Crow~レイチェル・クロウ



愛くるしいキャラクター、透明感とパワーのある歌声で観客を魅了。壮絶な過去を乗り越えてスターを目指す13歳

1998年1月23日生まれ、当時13歳のレイチェル・クロウ。
ジャッジとの受け答えもはきはきとして、動作も愛くるしい。

Mercy


Duffyの「Mercy」
出場の動機を、「家にはお金が無いの」と明るく言うレイチェル。
後に彼女の壮絶な過去が明らかになります。

映像には家族の応援する姿も映りますが、顔だちや肌の色も違うことに違和感を憶えた人もいると思います。

レイチェルの実の親はドラッグ中毒で子供を育てられる状態になく、現在の両親に養子として引き取られていました。

レイチェル自身も母親の胎内にいるときからドラッグ中毒になっており、現在の両親の養子となってからは、身体からドラッグを抜くことからはじめ、ようやく健康な身体になったのですが、そんな折、養父が難病にかかり生活は非常に苦しくなってしまいました。

歌うことが大好きで「お金持ちになって家族を喜ばせてあげたい」と話すレイチェル。
しかし、暗いところは微塵もなく、明るいキャラクターで一躍人気者になっていきます。

ブートキャンプ、ジャッジズハウスを経て、本審査に入ります。

1st Were Did Our Love Go


The SupremesのWere Did Our Love Go。よいパフォーマンスです。

2nd Walking On Sunshine

<
Katrina and the Wavesの軽快なPOP、「Walking On Sunshine」を歌います。
「あたなたはアメリカの太陽だ」というジャッジの言葉に大喜び。

3rd I’d Rather Go Blind


Etta Jamesのナンバー、I’d Rather Go Blind。
渋めの選曲ですがしっかりと歌い上げています。

4th satisfaction


The Rolling Stonesのsatisfaction
ロックも大丈夫ですね。

5th I Believe


Yolanda Adamsの I Believe

6th Crow Can You Feel It


Jacksons、マイケル・ジャクソンの幼少時代、ジャクソン5の頃の曲です。
声質はよく似ているので全く問題なし、パワフルさも増しているように感じます。

TOP5 Music And Me


順調に勝ち進んできましたが、ここでBottom 2になり、マーカスとの対戦となります。

I’d Rather Go Blind


魂も入ったパフォーマンスだったと思います。
リードとサイモンはレイチェルを押しますが、ニコールが棄権、視聴者投票によってレイチェルは落選となってしまいます。

この棄権をめぐってアブドゥルがニコールにデッドロックに持ち込むよう促したという話も話題に上りました。

その後のレイチェル・・クロウ

Mean Girls


2012年6月26日Syco / コロンビアからファーストシングル「Mean Girls」と、「Mean Girls」を含む計5曲のミニアルバム「Rachel Crow」をリリースしました。

2013年には「The Office」「Figure It Out」といったテレビ番組への出演、
2014年には「リオ2」で、主人公のブルとジュエルの年上の友人、音楽を愛するカルラの声優をつとめています。

リンク

Rachel Crow~レイチェル・クロウ Facebook

This entry was posted in Good. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*