Sheena Mchugh( シーナ・マクヒュー)



「なんとなくせつない」シーナの歌声

ブラインドオーディション


The Voice UK (series 4)に登場したSheena McHugh。

う~ん、さほど良くもないかなと思ったものの、「せつない声」とでもいうのか、他の歌も聞いてみたいなと思ったのでした。

曲はDrakeのHols On We’re Going Home(Majid Jordan)
2013年8月リリースでビルボード4位 2013年ベストソング(Pitchfork Media)になった曲です。

Battle rounds

バトルラウンドでは、英国のポップデュオEurythmicsとアメリカのソウル/ R&BのAretha Franklinのデュエット曲 Sisters Are Doin’ It for Themselves”

Knockout rounds

ノックアウトラウンドでは、Evanescenceが2003年4月にリリースしたBring Me to Lifeを歌います。

Live shows


ライブショーは”Glow”と”Princess of China”の2曲
Bottom twoに残ってセミファイナルへと進みます。

Princess of Chinaはイギリスのロックバンド、コールドプレイとリアーナのデュエット

Glowは、シンガーソングライター、エラ・ヘンダーソン(Ella Henderson)が2014年10月にリリースした曲です。

Semi-final

ドイツのミュージシャンFragmaのToca’s Miracle
英国のシングルチャートを上回り、アイルランド、デンマーク、ノルウェー、イタリア、オーストラリアなどでトップ10入りしています。

その後のSheena Mchugh

コンサートやイベントなどを中心に音楽活動を続けているようです。

That’s Why I Love You


サウンドクラウドのSte Essenceなどで配信しているようですね。
公開は2017年8月12日になっています。

Skinny love


こちらは自宅でしょうか。2013年のものです。
“Skinny love”のバーディバージョン。
こういう路線のほうが彼女には合っているようにも思います。

リンク

Sheena Mchughのインスタグラム

Sheena MchughのFacebookページ

Sheena Mchughのツイッター

This entry was posted in Interesting, The Voice UK. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*