Sheena Mchugh( シーナ・マクヒュー)



「なんとなくせつない」シーナの歌声

ブラインドオーディション


The Voice UK (series 4)に登場したSheena McHugh。

う~ん、さほど良くもないかなと思ったものの、「せつない声」とでもいうのか、他の歌も聞いてみたいなと思ったのでした。

曲はDrakeのHols On We’re Going Home(Majid Jordan)
2013年8月リリースでビルボード4位 2013年ベストソング(Pitchfork Media)になった曲です。

Battle rounds

バトルラウンドでは、英国のポップデュオEurythmicsとアメリカのソウル/ R&BのAretha Franklinのデュエット曲 Sisters Are Doin’ It for Themselves”

Knockout rounds

ノックアウトラウンドでは、Evanescenceが2003年4月にリリースしたBring Me to Lifeを歌います。

Live shows


ライブショーは”Glow”と”Princess of China”の2曲
Bottom twoに残ってセミファイナルへと進みます。

Princess of Chinaはイギリスのロックバンド、コールドプレイとリアーナのデュエット

Glowは、シンガーソングライター、エラ・ヘンダーソン(Ella Henderson)が2014年10月にリリースした曲です。

Semi-final

ドイツのミュージシャンFragmaのToca’s Miracle
英国のシングルチャートを上回り、アイルランド、デンマーク、ノルウェー、イタリア、オーストラリアなどでトップ10入りしています。

その後のSheena Mchugh

コンサートやイベントなどを中心に音楽活動を続けているようです。

That’s Why I Love You


サウンドクラウドのSte Essenceなどで配信しているようですね。
公開は2017年8月12日になっています。

Skinny love


こちらは自宅でしょうか。2013年のものです。
“Skinny love”のバーディバージョン。
こういう路線のほうが彼女には合っているようにも思います。

リンク

Sheena Mchughのインスタグラム

Sheena MchughのFacebookページ

Sheena Mchughのツイッター

This entry was posted in Interesting. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*