アンソニー・ライリー(Anthony Riley)



2曲で消えたエンターティナー アンソニー・ライリー(Anthony Riley)

Blind auditions I Got You


一声発した途端、ジャッジ4人がほぼ同時にボタンを押したアンソニー・ライリー(Anthony Riley)のパフォーマンス。やわらかくて力強い声は古き良きアメリカを彷彿させます。

曲はジェームズ・ブラウン(James Brown)のI Got You (I Feel Good)。

The Battles Get Ready

Travis Ewingとのバトルを制します。

テンプテーションズ(The Temptations)のGet Ready
スモーキー・ロビンソンがテンプテーションズのために書いた曲で1966年にリリース。
↑いやーこんな映像が残ってるなんて。。

Live showsとその後

順調にライブショーに進むはずだったライリーですが、突然辞退を申し出ます。

後に薬物中毒であったことを告白し、治療のためにオーディションをあきらめたと話しています。

そしてその後、中毒が原因かどうかはわかりませんが2015年6月5日に亡くなります。
享年28歳。残念です。

ストリートパフォーマンス(2014)

オーディション前のストリートパフォーマンスが残っていました。

This entry was posted in Good. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*