Aida Nikolaychuk~アイーダ・ニコライチュク



美しい声とビブラートがあまりに曲とマッチしているため口パクと疑われ、アカペラで歌うよう指示される。そして・・

1982年3月3日生まれ。ウクライナのオデッサ出身のアイーダ・ニコライチュク

「Lullaby」


曲はPolina Gagarinaの「Lullaby」。
歌いだしと同時に美しい声に驚きの表情を隠せない観客やジャッジ。
しかし、何かおかしいんじゃないかとイヤホンを外したり他のジャッジと怪訝な表情で話し合う姿。
「フォノグラム」「フォノグラム」(録音されたCDなど)という声が交わされます。

歌の途中で止められ、怪訝な表情のアイーダ。明らかにショック受けていますが明るく振舞おうとする姿が健気です。


結果はごらんの通り疑いは晴れ、ジャッジは「自分の耳が信じられなかった。エフェクトされたフォノグラムを使った口パクだと思った」と言い、その声を絶賛します。

2nd 「Viva Forever」 Deja Vu


衣装とメイクで雰囲気が全く変わっています。

3d

 

4th


しっとりとした情緒的な曲が続きます。

5th

6th

Final 「Rolling In The Deep」

順調に決勝まで勝ち進み、アデルが2012年の第54回のグラミー賞で年間最優秀レコード賞や年間最優秀アルバム賞など3部門を独占し、世界で2,800万枚歴代セールス4位となったたヒット曲「Rolling In The Deep」を披露しました。

優勝決定後、このオーディションで最初に歌った「Lullaby」を披露。
綺麗な曲、綺麗な歌ですね。

「Lullaby」

アイーダのその後

 表示が重いのでページを分割しました。
 こちらからどうぞ

リンク

アイーダ・ニコライチュクのFacebookページ

関連記事

This entry was posted in amazing. Bookmark the permalink.

One Response to "Aida Nikolaychuk~アイーダ・ニコライチュク"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*