Bella Ferraro~ベラ・フェラーロ



アデルに比される評価を受けたXfactorオーディション Bella Ferraro衝撃の初回映像

「Skinny Love」Birdy Version


2012年、『The X Factor Australia』に登場した18歳。
高校を中退し、これ以外の道はない「I have no backup plan」と音楽の道へ進む決意をして望んだオーディション。明るく振舞う受け答え、やわらかくなったりキツくなったりする目から、極度に緊張している様子が見て取れます。


曲はBirdy(バーディー)バージョンの「Skinny Love」。
最初の一節目で観客を魅了、美しい高音と張りのある声、「こぶし」にも似た揺れが非常に心地よく、最後にはジャッジのRonan Keatingmが机の上に立ち上がって大興奮。

「Skinny Love」Birdy


こちらは本家Birdy(バーディー)の「Skinny Love」
12歳の時にイギリスのオーディション「Open Mic UK」で1万人以上の出場者の中から優勝を勝ち取ったシンガーソングライター。こちらも美しいです。

オリジナルは2006年にジャスティン・バーノンが結成したフォークロックバンド「bon iver(ボン・イヴェール)」全くイメージ違います。

歌詞を忘れてしまうハプニングも

そして注目された2回目の審査では、登場前から非常に神経質な様子で、
ジャッジから深呼吸を促されるほど。

1st「Don’t Dream it’s Over」


2005年に全米2位を記録したCrowded House(クラウデッド・ハウス)の「Don’t Dream it’s Over」を歌いますが、途中で歌詞で出てこなくなってしまいます。

最初から歌い直しをするも、途中で詰まり、声も伸びず音程も不安定に。
それでも情緒感は秀逸。ジャッジはこの回を通過させます。

衝撃の初オーディションとハプニングその後

その後は順調に勝ち抜いていきます。
ナーバスな様子はほぼ消え、演出も加わって華やかな感じに変わってきます。

2nd「Brother」


少し選曲ミスかなと思います。

3rd「What Makes You Beautifu」


こちらは良いですね。

4th 「Big Yellow Taxi」


Joni Mitchellの代表作、「Big Yellow Taxi」を選んで、リズミカルなフォークポップに挑戦。バックダンサーとともに踊りながら歌います。

5th「Ray of Light」


Madonnaの「Ray of Light」です。
衣装もステージも洗練されてきますが、彼女の声が生かされた曲ではなかったように思います。

6th「99 Red Balloons」


続いてはNenaの「99 Red Balloons」
よいパフォーマンスでしたが、自分で納得いかなかったのか、歌い終わった後に泣いてしまいます。

7th「Shake It Out」


今度は大人っぽい雰囲気になって、Florence and the Machineの「Shake It Out」。今回は落ち着いているようです。

8th「Sweet Disposition」


Temper Trapの「Sweet Disposition」
しっとりとして余韻のある曲は彼女に合いますね。

9th TOP5 「Dreams」


アイルランドのロックバンドCranberriesが1993年に発表した「Dreams」
ベラのパフォーマンスも安定してきますが、最初の初々しさというか必死さは消え、「それなりのアーティスト」という印象になってきました。

TOP4-1「Bulletproof」

TOP4-2「The Last Day On Earth」


準決勝は2曲。La Rouxの「Bulletproof」と、Kate Miller‐Heidkeが2008年にリリースした「The Last Day On Earth」。
「Bulletproof」ではシャウトする場面などもあり、ジャッジの評価は高いものの、ここで敗れてしまいます。

SONY Musicからデビュー決定

その後ベラ・フェラーロは、SONY Music Australiaと契約、2012年12月にファーストシングル「Set Me on Fire」をリリースします。

「Set Me on Fire」

オーストラリアのARIAチャート36位がピークでした。声の切り替えが少しきつく感じますが彼女の持ち味はよく出ている曲です。

特に後半2分20秒からの
Storms they may come
But I’m here to stay
Cause this heart is my anchor
No I won’t drift away

Fearlessly in love,
With all of your ways
Shoot an arrow through my heart
With your love and embrace

のあたりは情感たっぷり、彼女の良さが際立ちます。

2013年「Forgot You」をリリース


今度はポップ調 しっとりとした部分もあり、声もさわやかに心地よく響きます。

リンク

ベラ・フェラーロ オフィシャルサイト
Facebook

This entry was posted in amazing. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*