Mahalia Simpson~マハリア・シンプソン



ノスタルジックな声と大人の雰囲気で音を醸し出すマハリア・シンプソン

Just Like a Star

The X Factor (Australia season 7)に登場のMahalia Simpson~マハリア・シンプソン。

曲はイギリスのシンガーソングライター、コリーヌ・ベイリー・レイ(Corinne Bailey Rae)の「Just Like a Star」

自分の出している音が、他の楽器とどう共鳴していくかを自分の耳できちんと聞いて表現しています。

Live Show1 「You Is Or Is You Ain’t My Baby」

ルイス・ジョーダン(Louis JordanIs)の「You Is Or Is You Ain’t My Baby」

ライブショーでも順調に勝ち上がっていきます。

Live Show2 「Hello」

ライオネルリッチー(Lionel Richie)の「Hello」

Live Show3 「Get Stupid」

アストン・メリーゴールド(Aston Merrygold)のGet Stupid」

Live Show4 「Need You Tonight」

インエクセス(INXS)の「Need You Tonight」

Live Show5 「Tears Dry On Their Own」

エイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)の「Tears Dry On Their Own」

Live Show6(1/2) Chasing Pavements

アデル(Adele)のChasing Pavements

Live Show6(2/2) No More Drama

ここでボトム2になります。

メアリー・J. ブライジ(Mary J. Blige)のNo More Drama
薬物や暴力に対する悲痛な叫びのメッセージソングです。オリジナルのメアリーのプロモは胸が痛くなります。

この曲でNatalie Conwayとの対戦ら勝ち、Week7に進みます。
しかし、どうも回が進むに連れて彼女の持ち味が消えていっている感じがします。

Live Show7(1/2) 「I Try」

マーシー・グレイ(Macy Gray)の「I Try」

ここでまたボトム2になり、Big Tとの決戦になります。

Live Show7 「The Climb」

マイリー・サイラスの「The Climb」。

ここで敗退します。全体で見ると5位の成績です。

その後のMahalia Simpson~マハリア・シンプソン

サウンドクラウドなどで配信を行っています。

リンク

マハリア・シンプソン(Mahalia Simpson)のサウンドクラウド

マハリア・シンプソン(Mahalia Simpson)のFaceBookページ

This entry was posted in Good, The X Factor Australia. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*