クリスティーナ・グリミー(Christina Victoria Grimmie)



悲劇のアーティスト クリスティーナ・グリミー

Blind Audition

1994年3月12日ニュージャージー生まれのクリスティーナ・グリミー(Christina Victoria Grimmie)。
オーディション当時は二十歳でした。

オーディション以前の2011年からデジタルダウンロードでカバーEPをリリースしており、2012年からはオリジナル曲を書き始めました。

3オクターブ+3音の声域を持つクリスティーナ。パフォーマンスも抜群でジャッジも絶賛します。

曲はマイリー・サイアス(Miley Cyrus)のWrecking Ball(2013年)。

The Battles Round 1

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)のI Knew You Were Trouble

The Battles Round 2

ワンリパブリック(OneRepublic) のCounting Stars

The Playoffs

ジェイソン・ムラーズ(Jason Mraz)のI Won’t Give Up

Live shows Week 1

ケイティペリー(Katy Perry)のDark Horse

Live shows Week 2

ドレイク(Drake)のHold On, We’re Going Home(ft. Majid Jordan)

Quarterfinals

アメリカのラッパー、リル・ウェイン(Lil Wayne)のHow to Love

Semifinals

アメリカのインディーズバンド ファン(Fun)のSome Nights(2014年リリース)。

ここでボトム3になり、翌日Kristen Merlin、Kat Perkins、Christina Grimmieの3名でもう一度決戦です。

ワンリパブリック(OneRepublic)のApologize

Finals

コーチ アダムとのデュエットは、 オーストラリアのGotye がフューチャーしてニュージーランドのアーティスト キムブラ(Kimbra)が歌ったSomebody That I Used to Know(2011年リリース)

ソロは、エルビスプレスリー(Elvis Presley)のCan’t Help Falling in Love

最終3位に終わりますが、コーチのアダムは結果に関係なく自身のレーベルで歌わせたいと言っていました。

その後のChristina Grimmie

結局アイランド・レコードと契約しますが、すぐに解除してインディーズとしてアルバム「Must Be Love」をリリースします。(2014年7月)

アルバムの中から「Cliché」「Stay With Me」「Shrug」の3曲を2015年3月、4月、7月にそれぞれシングルリリースし、同9月には、「Love Song to the Earth」(チャリティ)で国際的な歌手として、ポール・マッカートニーなど16人のアーティストとして選ばれてレコーディングに参加しています。

Cliché

Stay With Me

Shrug

2016年2月、2枚目のEP「Side A」をリリース、映画「The Matchbreaker」にも出演して人気も絶頂を迎えようとしていました。

しかし、2016年6月10日。フロリダ州オーランドのプラザ・ライブを終えたクリスティーナは、サイン会の席上で彼女の熱狂的なファンに射殺され、犯人もその場で自殺します。

享年22歳・・・。
犯人の男はクリスティーナに恋人がいるらしいとFaceBookなどで知って逆上し、無理心中を謀ったものとされています。

惜しい才能を亡くしました。。

こういう事件はジョンレノン以降、海外や日本でも後を絶ちません。
会場警備やセキュリティチェックはホントに強化してほしいですね。

This entry was posted in amazing. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*